メイキング

1/72 スケールカラーレジンスナップフィットキット バトルタイガー

パーツチェック~洗浄

精度の高いパーツが並んでいます。

マジックリンで離型剤を落としてからクレンザーと歯ブラシで細かな傷をつけます。

細かいパーツが多いので流してしまわないように注意です。

こんな感じで油膜であるツヤがなくなり、クレンザーの細かな傷による絹目になればOK、油膜は型からパーツを取り出しやすくするために塗布されているので必需品なのですが、そのままだと塗料が食いつかないので念入りに落とします、ツヤが残っている状態だと再度クレンザーで表面を磨きます。

スナップフィット加工

こちらのキットはプラモデルではお馴染みのスナップフィット方式になってます、流石にレジンキットではプラモデルと同等の精度は出ていないようなので調整をしながら組み立てて行きます。

こちらのパーツはピンに対して受けが浅い状態でした、型でパーツを抜き取る際に深いと型へのダメージが出ると思われるのでその工夫と思われます。ピンのサイズをノギスで測ってドリルで穴を掘りました。

これでバチピタ。

意匠面、表面ではない内側にゲートを寄せていて好印象、ちょっとえぐっても問題のない配置ですな。

こちらのパーツはちょっと歪んでいたので軸をプラ棒に交換、

元々の軸を削ったり太らせたりも良いですが今回は交換しましたね。

プロペラの根本のパーツ、1個だけピンが付いていて残りの3つは穴だけ、逆にこっち仕様の方がプラ棒を植えやすくてスムーズですね。

プロペラのローター部分は金属製からプラ製に交換、円錐型のパーツはエバーグリーンのパイプから削り出しました。

シッポについている補助翼は小板タイプのピンになってました、これはタガネを持っていないと対応できなかったパターンですね、ちょっと深めにマシ彫りするイメージでホリホリっと。

そんな感じで本体が組みあがりました、いやいや良いフォルムですね。

この後武器を作るのですが細かなゲートやパーティングラインが有り苦戦しています。( ´∀` )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。