完成品

豪胆・巨躯の藍方石 MG サザビーVer.ka MSN-04a SAZABY-append 

ロボの助
ロボの助
赤色でお馴染みのサザビーをなんと青で塗ったロボ

サザビーバージョンカトキ、とてもカッコいいですね、しかし劇場版のオリジナルのサザビーとはだいぶ雰囲気が変わってほぼ別の機体といった印象です、今回は岐阜のプラモショップBサイドでのコンテストの指定キットということで、オリジナルサザビーではなく、サザビーの別バリエーション、サザビーアペンドとして作ってみました。

全体的にシャープな印象ですね、メリハリを強調する意味でも基本的にグラデーションを入れているのですが、今回はベース塗膜を表面張力を利用して溝部とパーツの端に塗料を乗せない塗装をしてみました。

溝に墨入れをしているように見せかけて実は青色パーツには墨入れはしていません、よく見るとプラ素材元々の赤色だったりします、逆にシールドとか薄い部分は透けてプラ素材が見えすぎる部分もあります、難しいところですね。

デカールは一切貼らずに塗装のツヤコントロールでメリハリをつけて、キットの持ち味はこんな感じでしょって作りました。

バックパックもメリハリをつけて、プロペラントタンクをフレームむき出しにしました、きっと放熱をしています。

メインカメラは通常はモノアイですが、今回はセンサーのイメージで塗りつぶして表現しました。サングラスをかけているような印象だね。

シールドにはパイルバンカーを搭載して艦隊のブリッジを貫けるようにしました。(笑)

胸部のアップ、バストトップを別パーツ化して淡いゴールドでアクセントを付けました、青が主役なので他の色は引き立て役、フレームなどは銀色で出しゃばらないように抑えています。

横顔、サザビーについている角を取り払っているので大分スッキリした横顔になりましたね。

フクラハギが局面的で色気を演出できますね、くびれの部品のパーティングラインが気に入らなかったので別パーツ化して継ぎ目けしをしていたりします。

ビームショットライフルはデカくていいですね、ハンドパーツが小さいのが気になったので大型のMGドムのハンドパーツと交換しています、殴り合いに強そうなデカイ手は良いね。

ショットライフルをクイッと持ち上げて決めポーズ。

アイキャッチにも使用した斜め上からのショット、こういう角度もよいですね。

装甲パーツが稼働するMGのシステムがあるので半分開放してアクションポーズ

斜め後ろの角度が密度感がでて気持ち良いね。

ずっしり重量感がたまりません、バーニアが露出して力の流れを演出しています。

ビームショットライフルのセンサーはネイルストーンを塗装して貼り付けました。

ここまで見ていただきありがとうございます(^^)/

ではまたね☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。